国際家族計画連盟(IPPF)と連携し、国際的な支援が激減し、望まない妊娠や安全でない人工中絶が増え、女性の健康を損ない、妊産婦の死亡が起こっている国を支援します。

ケニア


寄付2,656,536円

移動クリニックでケニアの女性たちへ必要な保健サービスを届ける


ケニアの首都ナイロビと、首都から150キロ離れたニエリ県にある計4か所のスラムの住民を対象に、移動クリニックを20回実施し、合計2,418人の女性と1,435人の男性が、妊婦健診、産後健診、子どもの健診、家族計画サービス、子宮頸がん検査等を受けることができました。
多くの人々が長蛇の列を作る移動クリニックでは、待ち時間にジョイセフのプロジェクトで養成された地域保健ボランティアが保健教育セッションも行いました。
この活動は、物理的・心理的障壁などでスラムの外にある保健施設に行きたくない、行くことができない人々が、必要な保健サービスにアクセスすると共に、自身の健康を守るための知識を得るのに寄与しました。

ザンビア


寄付2,656,536円


コッパ―ベルト州ルフワニャマ郡の若者ピア・エデュケーターの女子を対象に、スポーツを通じたエンパワメントワークショップを実施します。ボールやランニングなどで身体を動かし、楽しみながらリーダーシップやチームワークの重要性、そしてセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスについての理解を深めます。自分の身体を知ること、自分の身体を自ら守る意識を高めることにより、十代の妊娠や望まない妊娠、性暴力などの予防啓発教育活動の強化を目指します。